田中動物病院ブログ VET'S NOTE

災害に備えて

2018年06月20日 カテゴリ:獣医,田中動物病院ブログ

雨が降ったり止んだりの今日この頃。

お洗濯をするにも、ワンコのお散歩をするにも天気予報とにらめっこな毎日が続いててちょっとお疲れ気味な方もきっと多いはず。

 

そんなお疲れ気味な皆さまには申し訳ないんですが、今回はちょっと重めな話題。

だけど避けてはいられないお話です。

 

先日、大阪府北部を中心に最大震度6弱の地震が発生しました。

地震大国のこの日本に住む限り、私達の住むこの辺りもいつ同様の地震が起きてもおかしくありません。

この機会に自分達の備えだけではなく、ペットに対する備えも見直しましょう。

 

まず、災害に対する備えというととりあえず防災用品の備蓄!と単純に思ってしまうのは私だけでしょうか??

 

犬猫が災害に対して備えた方がいいと思われるのは、

 

  ☆いつものペットフード

  ☆水

  (出来れば水道水がベストですが、緊急時は仕方ありません。短期間ならば硬度が低めのミネラルウォーターでも可)

  ☆毎日飲んでる常用薬・何かの時の為の常備薬

  ☆トイレ用品(ペットシーツ・猫砂等)

  上記は最低5日分、出来れば7日から10日分は用意しておきたいです

  ☆首輪・リード

  ☆食器

  ☆ペットを収納出来るケージ・キャリーなど。

 

 

次に考えなきゃいけないのは犬猫たちの身元表示です。

今回の地震でも揺れに驚いた犬猫が逃げてしまったという悲しい話をネット上でたくさん見かけました。

家にいる時も首輪をしているならば首輪に飼主の名前・連絡先等を書いた物を付けておくのも有効かもしれませんが

首輪も何かのアクシデントで外れてしまう場合があると思われます。

そんな時、最も有効なのはマイクロチップになります。

挿入されてない方はこの機会にマイクロチップの挿入を考えてみるのもいいかもしれません。

また、挿入はされてるけど入れた当時と情報が変わったよ!って人は最新の情報に更新しておきましょう。

 

あとは自宅から避難所等に避難した際の話になりますが、避難所にはたくさんの人が集まって来ると思われます。

他の犬猫も居るかもしれないことを考えると予防接種やノミ・ダニ・フィアリアの予防も常にしっかりしておきたいですよね。

 

 

いざという時は来てほしくは無いですが、”備えあれば患いなし”だと信じてしっかりと準備しておきましょう。

☆最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この記事がいいね!と思ったら、シェアお願いします。
このページの上部へ